タケにゃんブログ | 関内PEACHICK(ピーチック)

関内セクキャバPEACHICK(ピーチック)メインビジュアル

関内のセクキャバならPEACHICK > 在籍キャスト > タケにゃん > タケにゃんブログ

CAST BLOGタケにゃんブログ

ケータイはこちらから

2018/11/05(Mon) 19:50

どうも、ようやく映画見に行けました、タケにゃんです。

どうも、ようやく映画見に行けました、タケにゃんです。
本当はプレデターやらスカイラインの続編やら声出したら死んじゃったりするのも見たかったんだけど、軒並み二週間で午前中限定放映とかになってんだもん。

見れねぇっすわ(´д`)




んで、昨日は前々から目を付けてた「ヴェノム」を見てきたぜ、ヒャッハー!

ヴェノムといえばマーベルでお馴染みの「スパイダーマン」のライバル!
初期3部作のラストにも出てきました!

宇宙生命体が人間に寄生して生まれたヴェノム。
最初は人間を食い物にする予定が、寄生した主人公と意気投合して、結局なんやかんや一緒に生きていく…ってことになるんですが、その過程が分かりづらいことこの上ない。

主人公のエディは記者なんだけど、正義とスクープのためなら手段を選ばないタイプで、色々やらかした結果、恋人も仕事も信頼も失うという「負け犬」状態。
一方、とりつく宇宙生命体「シンビオート」の「ヴェノム」も仲間内では「負け犬」らしい。

この「らしい」ってのは、本人(ヴェノム)が「俺はお前と同じ負け犬だ」って言ってるだけなので、実際にどう負け犬なのか分からないのだ。



劇中、寄生したヴェノムがエディに「彼女に謝るなら今しかない」とか「お前が望むならなんでも叶えてやる」とかいつの間にか一方的にいい奴になってくんだけど、逆にエディがヴェノム側に何かしてるかっていうと、そんなの一切ない。
だから、最終的にヴェノムが仲間を裏切って人間を助けてくれる心境に至った理由が全然分からない。

途中で何か、お互いの身の上話でもしてくれて、お前も大変なんだなくらいな…なエピソードいれてもよかったと思うんだけどなぁ…。



そして、ラスト、シンビオート同士で戦うんだけど、これが分かりづらい。
だって、どっちも同じフォルムしてんだもん。

んで、決着もあっさり…う~ん、もっとヴェノムっぽい戦いを期待してたんだけどなぁ。




全体的に見れば面白くないってことはなかったかな。
ただ、他のマーベルシリーズには絡めなさそう。

特に、共存はしてくけど、基本的にヴェノムの食料は人間だから、悪人だけなら食べでもいいよ!ってことで実際に食べちゃうとこなんか、絶対他のヒーローと共存できないよね。




どっちかというと「デッドプール」寄りのノリなのかな?
配給も違うから、それこそクロスオーバーはないと思うけど。



どうやら、本当に今のマーベルシリーズとは合流しなさそうなので、単品で見る分には敷居低いかも。
かといって、万人にお勧めかというとそんなことはない。
続編はこの作品の売り上げにもかかってるぽいけど、果たして…。



来週は「Godzilla」見てくる予定だにゃ!
  • どうも、ようやく映画見に行けました、タケにゃんです。の写真

クリックで拡大

2018/09/18(Tue) 20:22

こんにちわ!

こんにちわ!
祝日を満喫したタケにゃんです!



月曜日は格闘技イベントの「巌流島」を見に舞浜まで行ってきました!
なんと、16人参加のワンデイトーナメント!
日本武術大会と銘打っておきながら、参加選手は空手家以外にプロレス、修斗、柔道、相撲、ムエタイ…さらにはインド王族武術やら喧嘩師、軍事格闘技とまさに異種格闘技戦!

リアル刃牙ワールドと言われるだけのことはあるぜ!



一回戦目から空手家vs喧嘩師と胸熱な組み合わせ!
喧嘩師の中澤さん(あえて選手とは言わない)なんて、40歳近いのに特攻服で出場してバタバチの殴り合いよ!?
いいパンチもらっても絶対に倒れないで前に突き進むの。
相手の原選手も感化されたのか、最後にはもっとこいよ!の殴り合い。

いやぁ、たまんねっす!



他にもムエタイはつよい!って実感した。
対戦相手のウィッキー選手に翻弄される形で負けたけど、立ち技なら間違いなく最強クラス!
それに食い下がったのが軍事格闘技のシステマ!
どんな戦い方するのか分からなかったんだけど、ノーガードからのタックルで相手を制圧するとか格好良すぎる!
寝てからの関節技が認められてれば、絶対上位に行けてた!



個人的に気になってたのがインド王族武術。
そもそもネットで調べても出てきやしないし、本人にインタビューしても「謎の武術です」っていうくらい謎。
でも、強かった!

DATE選手の長い手足から繰り広げられる多彩な技は思わず魅入ってしまった…。
レスリングにテイクダウンとられすぎて判定負けを喫したけど、また見てみたい!



そして、プロレスラーの奥田選手。
開会式の時から選手を睨みつけながら好き放題。
でも、さすがエンターテイナー!盛り上げ方分かってる!
まさか、ドロップキック炸裂するとは思わなかった…。

優勝おめでとう!



相撲やサンボ、柔道の選手もいたんだけど、全体的にやっぱりリーチの長さ、胴着の有無でだいぶ差が出ちゃったのかな?って気はした。
特に押し出し勝ちルールはちょい見直して欲しい。

「全選手に胴着着せた方が公平でいい!」って人もいるみたいだけど、個人的には各流派の服装で出て欲しい。
だって、その方が本当に異種格闘技っぽいじゃん!
他にないからね、そんな格闘技戦。



とにもかくにも、この大会に出るってだけでも素晴らしいと思う。
勝った選手も負けた選手もみんな最高だったぜ!



そして、こんなイベントの翌日にまさかの訃報。
闘病中だった格闘家、山本KID徳郁氏が亡くなってしまいました。
41歳…まだまだ若かった!

ご冥福をお祈りします<(_ _)>
  • こんにちわ!の写真

クリックで拡大

2018/09/13(Thu) 19:49

どうも、最近外に立ってるとマジで風が冷たいタケにゃんです。

どうも、最近外に立ってるとマジで風が冷たいタケにゃんです。


最近、新作映画ラッシュ&新作DVDラッシュなので見るのが大変。
んで、先日も5本借りてきて見たんてすが、その中の一作。




その名も「RENDEL」
フィンランド産のダークヒーロー物。

最近、ヒーローブームなのか、ヨーロッパやらロシアやらでやたらヒーロー物が作られてる気がする。

んで、今作は製薬会社の闇を暴こうとしてた元財務部長が報復で妻と我が子を殺されちゃったもんだから、復讐で悪を倒す…みたいなそんな感じ。

いつの間にか製薬会社のワクチンだかウィルスだかにかかって体が石みたいに硬くなってるとかさり気なく説明されてたりするんだけど、基本的にやることは殴り合い。
撃たれりゃよけるし、刺されたら普通に致命傷を負う。
固くなった体を活かして何か…ってのは皆無。

んで、敵。
製薬会社が雇った凄腕の暗殺者達みたいなのが出てくるんだけど、これが希にみる雑な扱い。
戦ってるうちに誤射したり、味方ごと銃撃したり、最後はコントか?!みたいな終わり方したり…もはや、なんで出てきたの?レベル。

それでいて、演出も(バレバレなのに)過去と現在の映像を混ぜながら進行するもんだから、まあ分かりづらい。




どういうことかというと、全体的に物足りない。
全部中途半端。

しかも、終わり方も真の黒幕は別にいます…みたいな続編作る気満々なやつ。
前に見た「ガーディアン」もそうなんだけど、一応作品としては完結させようぜ…。
マーベルだって一作目はたいていどれも単品で見れるようになってるのよ?




あー、早く「MEG」が見たい。
  • どうも、最近外に立ってるとマジで風が冷たいタケにゃんです。の写真

クリックで拡大

2018/08/22(Wed) 20:01

お盆休みを頂いておりました。

お盆休みを頂いておりました。
どうも、関内ピーチックのタケにゃんです(=^..^=)ミャー




日月火と三連休だったわけですが!
タケにゃんは千葉の実家に帰っておりました。
んで、何してたかというと




…ひたすら寝てました(´・ω・`)




実は連休の前日から「あ、これ風邪引くかも…」と喉の調子に違和感を感じていたところ、それがずばり!
連勤から解放されて気が抜けたのか、疲れが一気にきたのか、体調をバリ崩しました。

喉が痛くて鼻水も止まらず、実家で飯を食うものの夜は寝ることすらままならず。
ひたすらトローチとノドヌールスプレーをぶっかけまくる。
そして、神奈川に帰宅後、即爆睡。

翌日病院に行くと、肺の音が悪いと言われ、血液検査とレントゲン撮影
結果、肺炎手前の気管支炎。

肺に影があるとか怖いこと言われたわ(/_;)




抗生物質と漢方を飲んで一週間様子見です。
今はだいぶ楽になってはおります(≧Д≦)




それにしても、また急に暑くなりましたね。
病み上がりにはキツい環境ですが、頑張るよ!

栄養ドリンクの差し入れ待ってます!
  • お盆休みを頂いておりました。の写真

クリックで拡大

2018/08/08(Wed) 19:55

風が吹き荒れる中歩いたせいでビショビショです。

風が吹き荒れる中歩いたせいでビショビショです。
どうも、関内ピーチックのタケにゃんです。




先日、映画館で見ようと思って見れなかった「ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル」を借りてきた。

ジュマンジといえばタケにゃんが天使時代だった中学生時代に公開された映画。
それが20年もの時を越えて続編が作られたわけです。




全作はジュマンジっていうボードゲームから、ライオンやら食虫植物やらハリケーンやらハンターやらが現実世界に現れて、プレイヤーである姉弟に襲い来る中、クリアを目指すって話だったんですが、今作は時を越えて、ボードゲームからロムカセットにレベルアップ!

現実世界で何かが起こるのではなく、プレイヤーがゲーム内に入るという、ゲーム名は同じながらもまったく違うゲームへと進化を遂げております。




そして、主演は我らが「ドウェイン・ジョンソン」なんですが、中身のプレイヤーはヘタレ君のため、普段と違ったジョンソンが見れて面白かった(笑)

内容としては超王道で、迫り来る悪者や試練を仲間達と乗り越えていこう!という、完全ファミリー向けの作品でした。




30歳を越えたタケにゃんが見ると、もはやドキドキハラハラなんて感情は、なかなかないんですが(モンスターパニックとかスプラッターに毒されすぎた)幼き頃を思い起こせば、これくらいの冒険もので燃え上がっていたんだなぁ…と懐かしくもなりました。

なので、作品としてはいい感じでまとまっております。

ただ、一点、最後にアメフトの攻め方をもじった作戦を展開するんですが、その効果も意味もまったく理解できず。
結局何がしたかったのか?という疑問だけ残ったので、分かる方いたら教えていただきたいです<(_ _)>




ご都合主義展開で、ファミリー向けってことでお色気要素もそれなりですが、普通に見る分には全然楽しめます。

最初、ジャケット見たときに「ドウェイン・ジョンソンが高校生とか無理ありすぎだろ(笑)」とか思ってましたが、全然違いました。

ってか、最近腹ジョンソン出過ぎじゃね?ってくらい映画出てる気がする。
頼もしい兄貴キャラでありながらゴメディ的な演技もできるので好きな方です。

今後の活躍にも期待!
  • 風が吹き荒れる中歩いたせいでビショビショです。の写真

クリックで拡大

2018/07/24(Tue) 19:52

外に立ってるだけで体力奪われすぎて、エナジードリンク三本も飲んでしまった。

外に立ってるだけで体力奪われすぎて、エナジードリンク三本も飲んでしまった。
どうも、関内ピーチックのタケにゃんです。




先日、久しぶりの映画!
「ジュラシックワールド 炎の王国」を見てきましたぜ!

前作で新しい恐竜やハイブリッド恐竜なんてのが出てきて、一件落着したハズだったんですが、今回は正式な続編。
島が火山噴火で沈むから恐竜助けなきゃ!って話。

噴火する可能性がある火山島でパーク営業してたのかよ!って疑問はありましたが、もちろんただ恐竜を助けるなんて話ではなく、そこには「産み出したからには責任云々」やら「もともと絶滅してるんだし、そもそもどこで保護する云々」やら「民間企業の活動に政府が介入すべきではない云々」といった、人間ドラマ的なものが中心。

そこに、恐竜を兵器として使いたい戦争屋や、そいつらに売り込んで金儲けをたくらむブローカーなんかが絡んでくる。




…んだけどさ、毎作思うんだけど、登場人物みんなが恐竜を侮りすぎ。

そもそも、普通のワニや鮫ですらまともに相手するには大変なのに、その何倍もある恐竜相手に、たかだかライフル一丁で挑むのか?

さらにいうなれば、素早い小型な奴もいるのに、なんでそんなに軽装備なのよ?!

まあ、一民間人が戦車なんか持ち出せたら逆におかしいのかもしらんけど。




新しい恐竜も大暴れしてくれて満足だったんですが、気にくわないのはラスト!
ネタバレになるからここには書かないけど「それでいいの?!」って思ってしまった。

タケにゃん的には不満が残る感じやで。




今作はテーマが「命とは」みたいな感じがして重苦しかったかな。
そもそも、こういうモンスターパニック物って、モンスターが理不尽に暴れるのを楽しむのであって、そいつらの事情は副産物なのよ。

こういう不幸があってこんなモンスターが産まれた…程度でいいのに、産ませてしまった我々はどうすれば…になるとテーマが変わっちゃうわけ。

んで、最後は自然に任せる!ってならいいんだけど、1人の人間のエゴが「こうしよう!」みたいな感じで終わると「おいおいおい自分勝手だな」と思ってしまうわけで。




何が言いたいかというと、そろそろ原点に戻って、恐竜が暴れる恐怖感をメインにすえません?




ちなみに、うちの酒飲み恐竜は今日も順調に二日酔いです。
ウコンの差し入れお待ちしております。
  • 外に立ってるだけで体力奪われすぎて、エナジードリンク三本も飲んでしまった。の写真

クリックで拡大

2018/07/20(Fri) 19:17

今日は土用の丑の日ってことで、上司が鰻の差し入れをくれました。

今日は土用の丑の日ってことで、上司が鰻の差し入れをくれました。
どうも、関内ピーチックのタケにゃんです。




鰻の蒲焼きを頂いたので、何と食うか…ということで牛丼を買ってきて「うな牛丼」にして頂きました!
精力増強!
今日も頑張れそうな気がします。




昨日より当店の往年のスーパースターが電撃復帰しておりますんで、もしよかったら来てくださいにゃーん!
新しい子も続々来てるで!

よろしくねーん(=^..^=)
  • 今日は土用の丑の日ってことで、上司が鰻の差し入れをくれました。の写真

クリックで拡大

2018/07/19(Thu) 20:09

家でパソコンうってたら煙出てきた?

家でパソコンうってたら煙出てきた?
…と思ったら自分の体からでてる湯気でした。
暑すぎて頭痛い関内ピーチックのタケにゃんです。




今日は我らが三浦がクーラーに当たりすぎて体やられたのでタケにゃんが中におります。
なんだか「スーパースター」が来る予定なので身構えてるんですが、誰が来るのかしら?




まあ、誰が来てもお客様には損はさせないので、ぜひぜひ遊びに来てニャーン(=^..^=)ミャー

2018/07/18(Wed) 19:40

うちの従業員の体調悪いアピールがウザイです。

うちの従業員の体調悪いアピールがウザイです。
どうも、関内ピーチックのタケにゃんです。




エアコン直撃のソファで四時間も寝てりゃ、どんな超人だって体調崩しますわな。
アホですね。

そんなタケにゃんはノーエアコンライフで生活しております。
起きたときには首回りにしっとり汗!
ああ、なんて自然的!




店内のエアコンはガンガン効かせておりますが、普段皆が寒い寒い言ってる中、俺は暑い!と粋がってる奴が無様な面さらして「なんけ寒い」とか抜かしてるので、暑いんじゃねーのかよ?!とつっこんでやってください(´・ω・`)

そんな彼を心配した優しい方、栄養ドリンクでも恵んであげて下さい。
ちなみに自分で1000円の買ったとかアピールしてくるのがまたウザったいんですけど…。




まあ、最近暑い日続きますし、エアコン病になるのも分からんでもないですが。
皆さんも体調管理には気をつけて!
  • うちの従業員の体調悪いアピールがウザイです。の写真

クリックで拡大

2018/07/15(Sun) 19:29

最近、朝起きると布団が汗で湿りまくりです。

最近、朝起きると布団が汗で湿りまくりです。
どうも、関内ピーチックのタケにゃんです。




もはや、なにを借りたか覚えてないレベルでDVD借りてたんですが、ようやく見終わりました。
最後に見たのが「シェイプ・オブ・ウォーター」

ギレルモ・デル・トロ監督が、あの「パシフィックリム アップライジング」の監督をやらずにメガホン取った作品。




ざっくり言うと、年配女性と半魚人の淡く切ない恋物語…なのかな?
幼少期のトラウマで言葉を話せない女性とアマゾンから捕獲されてエグい実験されてる半魚人が出会って、心ひかれてくって話なんだけど、なんとなくSF要素も強い。

時代としてはかなり古めの設定なんだけど、いきなり女性が働いてるところが政府御用達の実験施設で、普通にタイムカード押して掃除してるところに半魚人が運ばれてきたりする。

スタートからぶっ飛びすぎてるんだけど、なんだかそこまで違和感感じることなく(というか、感じる暇なく)話は進んでいくんですよね。




ただね、警備とか監視がザルなんですよ。
実験室には基本的に出入り自由だし、監視カメラの角度をちょっと変えるだけでやりたい放題だし。

ところが、いわゆる敵役である政府の軍人さんは人がクズ(とはいえ、幸せな家庭は持ってる)というか、徹底した差別主義者で、マヌケな展開になっても、ざまぁねぇな…という感じで見れるから不思議。




所々に見れる下ネタも下品ではなく好感持てた。
特に半魚人の生殖器に関するくだりは、同僚の黒人女性のノリもあって笑えたぜ。

きっと女子会ってこんな感じなんだろうな、と思ってました。




派手なアクションもないし、下品だしグロシーンもあったりするけど、全編通してそういう芸術作品を見てますって感じかな。
淡々とした話が嫌いじゃなければ見て損はないと思います。

綺麗ですよ!




…それより何より、本日は日曜日なのに営業してますよ!
ってか、日曜日ってこと忘れてましたよ。

ワールドカップ決勝があるからそれまでに遊びに来るといいと思うよ!
よろしくニャーン!
  • 最近、朝起きると布団が汗で湿りまくりです。の写真

クリックで拡大