タケにゃんブログ「どうも、ようやく映画見に行けました、タケにゃんです。」 | 関内PEACHICK(ピーチック)

関内セクキャバPEACHICK(ピーチック)メインビジュアル

関内のセクキャバならPEACHICK > 在籍キャスト > タケにゃん > タケにゃんブログ > 「どうも、ようやく映画見に行けました、タケにゃんです。」

CAST BLOGタケにゃんブログ

ケータイはこちらから

2018/11/05(Mon) 19:50

どうも、ようやく映画見に行けました、タケにゃんです。

どうも、ようやく映画見に行けました、タケにゃんです。
本当はプレデターやらスカイラインの続編やら声出したら死んじゃったりするのも見たかったんだけど、軒並み二週間で午前中限定放映とかになってんだもん。

見れねぇっすわ(´д`)




んで、昨日は前々から目を付けてた「ヴェノム」を見てきたぜ、ヒャッハー!

ヴェノムといえばマーベルでお馴染みの「スパイダーマン」のライバル!
初期3部作のラストにも出てきました!

宇宙生命体が人間に寄生して生まれたヴェノム。
最初は人間を食い物にする予定が、寄生した主人公と意気投合して、結局なんやかんや一緒に生きていく…ってことになるんですが、その過程が分かりづらいことこの上ない。

主人公のエディは記者なんだけど、正義とスクープのためなら手段を選ばないタイプで、色々やらかした結果、恋人も仕事も信頼も失うという「負け犬」状態。
一方、とりつく宇宙生命体「シンビオート」の「ヴェノム」も仲間内では「負け犬」らしい。

この「らしい」ってのは、本人(ヴェノム)が「俺はお前と同じ負け犬だ」って言ってるだけなので、実際にどう負け犬なのか分からないのだ。



劇中、寄生したヴェノムがエディに「彼女に謝るなら今しかない」とか「お前が望むならなんでも叶えてやる」とかいつの間にか一方的にいい奴になってくんだけど、逆にエディがヴェノム側に何かしてるかっていうと、そんなの一切ない。
だから、最終的にヴェノムが仲間を裏切って人間を助けてくれる心境に至った理由が全然分からない。

途中で何か、お互いの身の上話でもしてくれて、お前も大変なんだなくらいな…なエピソードいれてもよかったと思うんだけどなぁ…。



そして、ラスト、シンビオート同士で戦うんだけど、これが分かりづらい。
だって、どっちも同じフォルムしてんだもん。

んで、決着もあっさり…う~ん、もっとヴェノムっぽい戦いを期待してたんだけどなぁ。




全体的に見れば面白くないってことはなかったかな。
ただ、他のマーベルシリーズには絡めなさそう。

特に、共存はしてくけど、基本的にヴェノムの食料は人間だから、悪人だけなら食べでもいいよ!ってことで実際に食べちゃうとこなんか、絶対他のヒーローと共存できないよね。




どっちかというと「デッドプール」寄りのノリなのかな?
配給も違うから、それこそクロスオーバーはないと思うけど。



どうやら、本当に今のマーベルシリーズとは合流しなさそうなので、単品で見る分には敷居低いかも。
かといって、万人にお勧めかというとそんなことはない。
続編はこの作品の売り上げにもかかってるぽいけど、果たして…。



来週は「Godzilla」見てくる予定だにゃ!
  • どうも、ようやく映画見に行けました、タケにゃんです。の写真

クリックで拡大

この記事へのコメント

コメントを投稿する

※絵文字はご利用いただけません。文字化けや文章が途中で途切れる原因となります。

以下のような内容については削除させていただく場合がございますのでご了承ください。
・他人を誹謗、中傷する発言
・公序良俗に反する内容
・その他不適切な内容