店舗ブログ | 関内PEACHICK(ピーチック)

関内セクキャバPEACHICK(ピーチック)メインビジュアル

関内のセクキャバならPEACHICK > 店舗ブログ

BLOGPEACHICKブログ

ケータイはこちらから

2021/07/03(Sat) 01:59

クソ(略)18時からダヨー

ども。



7月1日からグランドオ~プンした飲食店を覆面調査をしてくる美食ハンター☆MIURAです。



言うて私MIURAはもともとの前身が高級フレンチのサービス出身ですので(タバコの不始末でボヤ騒ぎ&強制解雇)甘く見ないでいただきたいッッ!



どんだけ高級フレンチかっつ~と店内でスタッフ間同士の会話はフランス語。もちろんキッチンにオーダーを通す時もフランス語。伝票書くのは筆記体のフランス語。どこを切り取ってもフランスフランスフランスフランス...



で最終的にフランス製の陶器(お皿とかコーヒーカップとか)の他にフランスの歴史まで勉強しないと上司から鬼ヅメ。エスプリをカマした客相手にフランスジョークを言えるようになるまでが一流とか気が狂うだろ???



で勉強の他にパンを店でつくらされるんだけどコレが一番むずかしい。己のチンコをこねるのは得意なのに店のパンをこねるのがこれほどまでに難しいとは...気づいたらチンコの形に形成したパンを女子大生バイトに食べさせて「ほら...美味しいって言ってごらん...」とセクハラ三昧。




入社の経緯はキッチンで働いてた先輩のツテ。「お前と仕事したいから!」と誘っておきながらブチギレたら客前でも関係なく殴ってくるし、誰よりもメンヘラでオレの入社ほどなくして飛ぶ。



先輩の料理はクラシックなフレンチではなく、どちらか言うならスペイン料理に近い鮮やかさが魅力の料理。高低差のある盛り付けに変わり種の野菜を使って食を彩る。食に自由を求める先輩とクラシックこそ至高だというオーナーとの意見の食い違い。先輩が飛ばざるを得なかったことはオレが一番知っている。



新しい表現に驚いて喜ぶお客さんの顔を見たくて原価率が高くても新メニューに挑む先輩。深夜まで残らさせられて試食をしてた頃はマジ青春でしたね。ちなみに盛り付けを少しでも崩すと濡れたタオルで顔面を殴られるオマケつき。それでもスゲーたのしかった。




また思い出話で脱線したけどオレのバカ舌をうならすほどの料理ださねーと許さないかんな!徹底的に味を解剖してやる!オレとゆ~名の存在に震えてろ!わかったか!!!!!!!!!




~本日の割引~

18時から20時までにご来店のお客さん限定

フリー初回60分3980えんの税別!!!!

~本日のスタメソ~

・すず

・みか

・ゆま

・はるみ

・みなみ

・ことね


今日もよろぴく!
  • クソ(略)18時からダヨー写真1

クリックで拡大