店舗ブログ | 関内PEACHICK(ピーチック)

関内セクキャバPEACHICK(ピーチック)メインビジュアル

関内のセクキャバならPEACHICK > 店舗ブログ

BLOGPEACHICKブログ

ケータイはこちらから

2021/11/24(Wed) 13:05

クソ(略)

ども。



自宅近くの怪しいラーメン屋が気になって仕方ないグルメハンター三浦です。



場所は横浜橋商店街から近い永楽町の路地にあるんだけど店名が無ければ情報も無い(添付写真参照)



マスク飲食のポップを貼ってるあたり飲食店としての許可は出してるのだろう。それにしても店構えからして強い。"自家製手打ち麺 中華そば650円"...他に何か情報くれよ!!!



オレが推測する店主のイメージ像


舞台は中国。時代は清朝末期の動乱の最中にある19世紀。四川省の少年、劉昴星(リュウ・マオシン)が特級厨師(中国料理界の最高位)になるために広東省の広州にある陽泉酒家へ修行に赴き、それから様々な料理人と出逢い、成長していく。


創設800年の歴史を持ち、中国料理界に暗躍する「裏料理界」と、千年前に隕鉄から作られたと伝わる「伝説の厨具」をめぐってマオと仲間たちが冒険を繰り広げる。


裏料理界との壮絶な戦いを終えた後、マオら一行は、中華料理を極めるため、そして大陸に幸福をつなぐ”味の橋”を架けるため、再び旅に出る。物語は、マオが生家である四川省国営菜館「菊下楼」に久々に帰郷するところから始まる。この年は菊下楼の先々代総料理長にしてマオの父親、劉瑪琉(リュウ・マリウ)の十三回忌法要であったが、その法要で事件が起こる。禁忌の料理人とされるマリウと「伝説の厨具」を巡り、「太極料理界」との新たな戦いが始まる。



たぶんこんな感じだと思う。異論認めず。



~本日の割引~

22時30分までにご来店のお客さん限定!

フリー初回60分4980えんの税別!!!!


~本日のスタメソ~


・れな←スーパーひさびさ

・かな

・みなみ

・ことね


今日もシクヨロ~。
  • クソ(略)写真1

クリックで拡大